葬儀の服装をチェックする

葬儀を成功させるためには、葬儀に参列する際のファッションなどを事前に確認しておく必要があります。特に訃報は突然で仕事が忙しくて服装を揃えるのが大変という事もあるので、できれば事前に買い揃えておくのがおすすめです。

基本的に葬儀に参列する時には喪服になります。喪服には、正式と略式がありますが、最近では喪主や遺族の方も略式で参列するという方が増えています。しかし、仮通夜の場合には、急いで駆け付けたという意味合いから喪服以外の参列も可能となっています。ただし、あまり派手な服装ではなく、アクセサリーなどをはずした地味目の服装でなければいけません。

喪服にも色々とありますが、男性であれば濃紺やブラック、ダークグレーなどのスーツが一般的です。素材は光沢が無い物がベストになります。同様にネクタイも柄の無い物を選ぶのが無難です。女性の場合には、濃紺やダークグレー、ブラックのスーツやワンピースなどが定番です。黒無地のブラウスなども喪服として選ばれる機会が増えています。ストッキングなどは黒か肌色の物にし、男性と同様で悪目立ちしないことが重要になります。

葬儀の時には、アクセサリーなどは身に付けない事が重要になります。ただし結婚指輪などはつけていても大丈夫な所が多いです。女性の方は真珠のネックレスでも良いですが、一連であまり粒が大きすぎないものを選びます。ピアスなどは外しておくのを忘れないようにしましょう。ヘアスタイルやメイクも清楚な印象になるように気を付けるのがポイントです。